2014年06月03日

普化尺八本曲「阿字観」

阿字観 鉄心譜.jpeg


『阿字観』

「阿字観」とは、密教の観法で、サンスクリット語の最初の文字の音訳「阿」に、一切万有を総括し、この「阿」字を観ずることにより、一切諸法の根元に到達しようとする行法(観法)です。
この曲は山形の虚無僧牧新七が、九州に伝えた「薩慈」SASIが源曲とされ、「サシ」が「サジ」となり、「阿字」の曲となって、宮川如山が「阿字観」として、吹いたのが始まりです。又、吹く人によって、いろいろ演奏されますが、浦本浙潮の伝承によります。



楽譜は宮川如山師の弟子 坂口鉄心師直筆のコピーで、ここでの吹奏とは少し違うところがあります。

普化尺八(地無延1.8寸)使用




posted by 楽翁 at 16:25| Comment(2) | 普化尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謹んで拝聴させていただきました、

澄んだ心情の竹音に感動を覚えました、
ありがとうございます、
Posted by 波平 at 2014年06月05日 20:00
ありがとうございます。精進致します。
Posted by 楽翁 at 2014年06月05日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: