2014年06月07日

普化尺八本曲「鑁字」

バン字 (575x800).jpg


鑁字(バンジ)

 尺八古典本曲。もとは忍流の曲であったものが甲州の乙黒明暗寺(括総派、鈴法寺末)に伝わったといわれている。また、由良の興国寺伝として伝わっている。別名に金剛(曙調に移調したもの)、金剛鑁字とも。阿字の対語・対の曲の意味もある。
 普化宗は、禅宗である臨済宗の一派であるが曲名に梵字を使うなど不明な点も多く、伝来については諸説あり判然としない。高橋空山の創作・編曲の可能性も。
鑁字とは真言密教の仏語で、意味は智慧を表し、金剛界の大日如来の本体を現す梵字のこと。栃木県の文化財には「金銅鑁字御正体(コンドウバンジミショウタイ)」というものがある。
(HP 尺八修理工場「幻海」より)



     明暗尺八(地無延管1.8尺)使用

posted by 楽翁 at 14:59| Comment(0) | 普化尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

普化尺八本曲「阿字観」

阿字観 鉄心譜.jpeg


『阿字観』

「阿字観」とは、密教の観法で、サンスクリット語の最初の文字の音訳「阿」に、一切万有を総括し、この「阿」字を観ずることにより、一切諸法の根元に到達しようとする行法(観法)です。
この曲は山形の虚無僧牧新七が、九州に伝えた「薩慈」SASIが源曲とされ、「サシ」が「サジ」となり、「阿字」の曲となって、宮川如山が「阿字観」として、吹いたのが始まりです。又、吹く人によって、いろいろ演奏されますが、浦本浙潮の伝承によります。



楽譜は宮川如山師の弟子 坂口鉄心師直筆のコピーで、ここでの吹奏とは少し違うところがあります。

普化尺八(地無延1.8寸)使用




posted by 楽翁 at 16:25| Comment(2) | 普化尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

普化尺八本曲「本曲調子」

本手調子.jpg

「本曲調子」
 調子とは、曲に入る前に心を整えるために吹く、竹調べです。又、この曲は普化宗の古伝三曲の「虚空」の前奏曲として吹かれる重要な曲でもあります。普化宗尺八は、調子より始まって調子で終わると言われる程、古典本曲の真髄とされております。

 京都明暗寺の所伝により「京調子」又は「本手調子」とも称ばれています。




楽譜は高橋呂竹著「虚無僧尺八口伝集」より。  普化尺八(地無延1.8寸管)使用









posted by 楽翁 at 18:06| Comment(0) | 普化尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする